アングラ感満載?! Berlinで生演奏を観に行った!

先月Berlinから帰国してきたわけですが(前々回記事参照)予想を超えた”アングラ”な世界を垣間見る機会がありました!

事の発端はStockholmでの出会いにあります。→「何故Sweden?」
最後の夜をジャズクラブで過ごしていたところ、スタッフの女性が
「Berlinに元彼がいるから連絡を取ってみるといいよ!」と連絡先を教えてくれました。

Berlinへ移動してから彼と連絡を取り合うと
「今夜Improvised musicのライブを観に行くから来るといいよ!」と返事が。
即興演奏・音楽のことですが、この手の演奏に今迄縁がなかったので興味津々!!!
開催場所へ向かう夜道、人気の殆どない道を進んでいくと...突如として黒髪ロングヘア―&むっちむちセクシーな中東系の女性達が現れます! 娼婦ですね。
Berlinの至る所で中東からの移民が大きなコミュニティを築いているのですが、移民の、しかも女性となると仕事を得にくいという事情があるのかなぁ。

と、ライブ会場に到着!
道中の娼婦たちといい、真っ暗な会場といい、既に夜遊びワクワク指数がだいぶ上がっています。笑

そしてライブのおどろおどろしさ ↓



b0357298_03513466.jpg



一見ホラーですが(手前の人特に)笑
わ~~こういう世界があるんだぁ~~~!!!!と衝撃勿論いい意味で!
途中コントラバスの弦が一本切れるアクシデントがあるも、そのちぎれた弦をもってベース本体をくるくる回しだしたり、
かと思えばドイツ語?で歌いだしたり踊りだしたり、天井・床を楽器で引っ掻いたり叩いたり...
終始「なんじゃこりゃ!!!?!笑」でした。

実は日本人のヴィオラ奏者もいらしたんです!



b0357298_04093090.jpg

b0357298_04124803.jpg



ヴィオラ奏者の高橋まりえさん。
実は札幌出身と聞き、勝手に親近感が湧きます🌸
その後一緒に電車で帰るまでビザや生活諸々のお話を聞かせて頂きました!

ここに限らず、”アングラスポット”が沢山あるのがBerlinの面白いところ!安く遊べるのも魅力的。
しかも、週末の公共機関は24時間運行で夜遊び好きにはぴったり✨
...ってBerlinに遊びに行くわけじゃないですよ!笑



※結局待ち合わせしていた彼とは会えませんでした爆(携帯を持ち歩かない主義らしい?知るか!!笑)




ポチっと押してくれると励みになります♫ranking

[PR]
by napaniku | 2017-11-13 05:43 | Comments(0)